2009/03/17

珈琲自家焙煎のすすめ

以前にも書いたかも知れないが、珈琲の生豆を買って自宅で焙煎をしている。

大掛かりな装置を持ってる訳ではなく、陶器製の煎り器でのハンドロースト。
同じ豆でも、天候や温度によって焙煎時間が違うし、火加減とその距離などによっても煎り具合が違う。

あくまで頼りになるのは目と耳だ。
臭いもある程度は目安にはなるが、やっぱり色と豆のはぜる音が一番確かな様だ。

最初、「パチッ」という音がして、それから「パチパチ」と連続してはぜる音が続いたら大体、中まで火が通った証。

あとは豆の色を見て火から下ろすタイミングを見定める、と言うのが大体の工程。

その間、一部の豆だけが焼けたりしないよう絶えず振り回すのが私のやり方。

人によっては振ってから止め、また振ってをやるらしいが、それだと均一に焙煎をするのが私には難しいので、絶えず振っているというのが正直なところ。
それから、「これでよし」と思ったら直ぐに火からおろして、急冷しないと豆自体の熱で焙煎が進んで意図しない味になってしまう。

特に注意が必要。

その後、チャフと呼ばれる豆の薄皮の焦げを屋外で吹き飛ばして豆だけにするのも大切な工程。

これをやらないと、この焦げた薄皮も一緒になって雑味の原因になる。

さて、私の焙煎した珈琲豆の味は、市販のそれより少しあっさり目な様だ。
その分何杯でも飲める感じ。
いつも買ってる珈琲豆屋さんの焙煎はもう少し「深み」がある気がするのだが、これはかなり難しい。
それを求めていくと微妙な所で「深み」と「焦げた苦味が強過ぎ」の境界を越えてしまい勝ちなのだ。
やはりそこはプロ。

その辺を安定して出せるのは機械の差もあるとは思うけどやはりプロの経験だと思う。

それでも、自分好みの焙煎を試せるので一寸ぜいたく気分に浸れる。

生豆は焙煎した豆より安価に購入できるので、意外とお得かも知れない。

まぁ、ガス料金などを考えると返って高いものかも知れないが。

 

小振りの鉄製のミルクパンなどがあればとりあえずは試せるので、挑戦してみては?

珈琲の意外な味に出会えるかも。

 

追記:2009/03/18

コーヒー豆を専用のものではなく、入手が容易なもので自家焙煎するには

  1. 土鍋を使う
  2. ごま炒り器を使う
  3. 粉ミルク缶を使う

等があるようです。

ここでは3の粉ミルク缶を使った自家焙煎器の作り方を紹介しているページを載せておきます。

http://www.flavorcoffee.co.jp/flavor3.html

なかなか良さそうですね。

 

 

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

チャイニーズルーレット

いくら「正しく管理されれば、中国で作っても安全」と言ったところで、万に一つでも毒物を混入されて、それを消費者が食べたらアウトでしょう。

いわば、ロシアンルーレットならぬチャイニーズルーレットではないか。

そんな危険性を顧みず「管理を徹底しますから、今後も生産を続けます」って言ってるなら、率先して中国産品のみで食生活をメーカーの人はやれるのか?ってこと。

多分、輸入業者の人は中国製品は一切食べてないと思うね。

だって、内部の人間はその恐ろしさをイヤと言うほど知ってるはずだもの。

大体、中国で管理を徹底しようと思ったら、無人にするしかないでしょう。

それにしても、原材料の野菜や魚介類だって汚染されてるんだからねぇ。

中国製品を輸入禁止にしないと、あの国は変わらないと思うし、こういう事故はこれからも続くと思うよ。

 

なかのひと

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/16

私は持ち帰っています。

大勢で行った時、などは持ち帰っています。

女性と一緒に食べに行った時なども、相手の残した物は詰めてもらってます。(少しだけなら私が食べます^^;)

中華料理などは、そんなに量は食べられないけど、多種を少しずつ食べたいもの。

そう言う時は、持ち帰りを前提に注文しています。

意外に思われますが、バーミヤンみたいなファミリーレストラン的な中華料理の店でも、ちゃんと専用のパックを用意していて、断られたことが無い。

なかなかしっかりしたパックで驚いたことが有ります。(レトルト食品のパックみたいな)

却って、個人店の方がそう言う用意が無い感じですね。

日本料理は生もの中心なので、持ち帰りは少ないでしょうけどそれでも言えば何とかしてくれるはず。

 

そもそも昔は、宴会に行けば必ず残してお持ち帰りが常識だったと思う。

地方の結婚式だと今でも、そうではないですか?

 

だから、昔に返ったと思って、持ち帰りが恥ずかしいなんて思わないことが大事かと思いますね。

いっそ、マイ箸ならぬ「マイ持ち帰りパック」なんかを提唱したら、みんながやり始めるんじゃないですかね?

大体、弁当のおかずは前の晩の残り物ってところが多いのだから、弁当箱を持参して持ち帰ったら一鳥二石かも(笑)

 

なかのひと

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

価格転嫁が出来ないことが問題なんでしょ?

燃料費が高騰したから補助金よこせ、ってそんなの無理でしょう。
原材料費が高騰したなら、価格に転嫁すればよいのです。
「いや、そうしたいけど、そんな値段じゃ買ってもらえないんですよ。価格が上がれば魚離れが加速するし・・」
と言うけれど、こうやってストをやれば当然価格は上がるんでしょ?
そのためのストなんじゃないのか?
ストの為の交通費や宿泊代と燃料費、どっちが高いの?
で安易に補助金をというけれど、補助金は税金ですからね。
なにか、要求すれば税金なんて右から左みたいに出てくると勘違いしてませんか?
そうやって、影で価格維持をしたってそれは一時しのぎでしかなく、やはり燃料費が高騰すれば食料品の値段が上がるんだと言う事実を、消費者に痛みとして実感じさせるのが一番なんです。
そうすれば、「何とかしろ!政府!」となるでしょう。
「政治なんて無関係」と思ってる一般の有権者が多すぎるんです。
物価もジリジリ上がっている今の状況にも拘わらず、政治は何をやっているんでしょうか?
北に支援するお金だって税金。
前にも書いたように、1兆円は100万円を100万人に配れるお金なんです。
そういう無駄金を使ってる政府が、国民の痛みに応えないのはおかしいでしょ?
漁業従事者だけじゃないのです、苦しいのは。
そう言う時、何が出来て何がされるべきかを考えるのが政治。
その為にも、国民はもっと痛みを実感すべき。
そうすれば、イヤでも政治に関心を持たざるを得ないのでは?

やっぱりね正攻法で行きましょうよ、漁協の皆さん

追記:
なにか誤解されて、「漁業は危険で大変な仕事なんだ。それを知らないのか!?」と言われてるみたいですが、私は漁師町の出身ですし、子供の頃遊んでもらった近所のお兄さんが北洋サケマス漁で遭難、帰らぬ人になった経験もあります。
なので、実感として漁師が大変な仕事だというのは十分知っています。
ただ、それならトラック運転手だって交通事故という危険と常に隣り合わせです。
そう言う人が特別高額の手当をもらっていると聞いたことがありません。

次に、燃料費補助のどこが悪いんだ、との指摘があるようですが、そうではなくやはり燃料費が高騰したらその分高く最低落札価格を市場で決めればよいのです。
単体の漁協などだけで無理なら県単位とかでも出来るでしょう。
燃料費補助で見かけの値段を維持するのは邪道だと言いたいのです。
持って回ったような話なので、結論を書けば、
消費者はもっと高い値段で安心を買え
いやなら、安いけど怖い中国産を買え
ってことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/08

料理が美味いという話は聞いたことがない

そもそもあんな好立地で、食の店が潰れると言うことは不味いと言うことなんだろう。
なにか食中毒とか偽装とか使い回しをしたわけでもないのだし。
もちろん、私はそんな店には一度も行ったこと無いけど。
見た目は大衆食堂みたいだけど、宴会部もあったのかぁ、知らなかった。
伝聞で申し訳ないが、修学旅行や団体旅行で一度行ったきりで二度と行かない人が多い店だそうで。
それが本当なら、今回の閉店騒ぎはちょっと騒ぎすぎな話に見える。

なんでもそうだが、ブルートレインが無くなると言えば鉄オタが集合して「無くなるなんて寂しい」とか言い、閉店だと言えば「懐かしい味が無くなる」とか言うけど、あんたらがそんなに愛着を持っていたのなら、もっと贔屓にして利用すれば無くなることもなかったんだろうに。
くいだおれ太郎も引き取り手が無いって事は、推して知るべしかな。

一時の感情だけだろ、と思わないではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/15

あるねぇ、そう言う店

評判が高いので、長蛇の行列も我慢して食べたのに、「なんじゃこりゃ~!」ってなラーメン店。
例えば、埼玉K市のG店。
なんでも自慢の麺なんだそうだが、「え?この麺がおいしいの?」と最後までわからなかった。
まぁ、そこはつけ麺が有名なので、つけ麺だとこの麺でもおいしいのかも。(そうは思わないけど)
だいたい、スープはそこそこ美味いのに麺が異常に固い(というかボソボソしてる)って店が多くないですか?
それを「バリ硬」とか言って注文する方も変だ。
麺に腰があるのと固いのは全く別物でしょうに。
しかもその店は総入れ替え制なので、みんなが出て行かないと、次の客は入れない。
だから落ち着いて食べてるわけには行かないんだよね。
なんだよ、食べ終わったら帰ればいいし、その分お客を入れればいいじゃないか。
なんだかねぇ、だ。

そう言えば、「あの店まずくてもう行かない!」と私が言ったら、「え?あの店のラーメンは美味いよ」という人がいて驚く。
この前も駐車場が満杯になって、店内にもお客がいっぱいだから「この店のラーメンはそんなに美味いのか?」と思って入って大失敗と思った店がある。
ま、そこはチェーン店だから、接客は良かったけど。

ラーメン屋とそば屋は偏屈が多いし、そう言うオヤジを甘やかしすぎてると思うね。
だから、裸の王様になっているのが気付かないんじゃないか?

食べさせてもらってる訳じゃないのだから、せめてお客を大事にしても罰は当たるまいに。


凝ったスープのラーメンより、昔懐かしい支那そばとか東京ラーメンが無性に食べたくなることがある。
お店の人もなんだか懐かしいような気持ちになれて、ほっとするしねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

何時の話なの?よくわからないねぇ

使い回しは良くないけど、それは何時のこと?
偽装発覚した時点より前の話で、今はやっていないのかどうかをニュースではハッキリして欲しいね。(私が知らないだけ?)
新装開店、出直した後にはやっていないのであれば、何か報道する側に悪意を感じますけどね。
もちろん、出直し後もやっていたのなら叩かれて当然だろうけど。

しかし、確かオテル・ド・ミクニの三國シェフは調理に使ったラップ類は再使用しろと言ってますよね(テレビでやっていた)。
材料を無駄にするなと。それは食材にしても同じだと。
だから、ある程度の再利用はどこでもやってることではないかな?
何でもかんでも捨てるのが良いのかどうか、難しい。
私はそう言う高級店で食べる事はないと思うが、実際問題もっと安い店だとどうなんだろう?
吉兆ばかりを叩いても意味無いし、大多数の一般人が食べるレストランとかを調べた方がよほど為になると思うけどね。

追記:
どうもまだよく分からないけど、心機一転して改装オープン(?)からはやっていないのかな?と思う。
だとすると、昔のことなんでしょ?
いや、むかしのことでも駄目なものは駄目と言うのは分かるけど、旧経営陣が退任して(佐知子社長除く)やり直しているんだから、そこまで叩かないといけないものなのかなぁ、と私は思うけど。
甘いのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

大阪人(?)の反応が面白いね

そんなつもりはなくても、大阪の悪口とか批判と受け取られかねないコラムやエントリーは必ず炎上する(^^;
今回の呉智英さんのコラムは、単純に、

>本当だろうか。逆かもしれないとなぜ疑わないのだろう。終戦後開業したこの食堂が「食い倒れ」を名乗り、看板人形をいつも目にしたために「大阪の食い倒れ」が定着したのかもしれないではないか。<

と、言葉の成り立ちというか、昔はどうだったのかを検証しようとしているだけ。
そして、古い文献にはこういった記述がある、と書いているだけじゃないか。
そこには、「大阪の食なんて・・・」と言った類の批判もなければ、「大阪が食の中心なんてウソだ」だなんて一言も書いていない。
そもそも大阪の「食」文化とか「味」(うまい、まずい)については一言も論評がないだろうに。
なのに、おそらく関西系の人々の反応は「なんも知らないくせに、大阪の味が日本一に決まっている」とか「食は上方にあり。東京の食なんかまずくて食えない」と言ったおおよそピント外れのものが多いのは、やっぱりかと思う。
ちゃんと読めば、ふ~んそういうものかね。よく分からないけど、本当はどうなんだろうね、と一寸好奇心を持つ程度のこと。(あくまで語源についてだよ!)

なんでそうまでして「東京対大阪」に話をすり替えたがるんだろう?

まぁ、地方都市などでも「我こそ元祖なり」というお国自慢があるものだけど、あんまりそう言うのが酷いと贔屓の引き倒しみたいにならないかな。
なににしても、書いてある事実には反応せず、内容とは違ったことに過剰反応するのは、なにか裏に違う感情があるのかな?と思ってしまう。
ま、私にはどうでも良いことだけどね。


追記:
それで「食い倒れ」だけど、やっぱり言葉の定義をちゃんとしてから議論しないと意味がないし、まったく頓珍漢な展開になってしまいます。
この「食い倒れ」とは一体どういうことなんでしょうか。
あんまり私は当てにしない広辞苑でありますが、それでは次のようにあります。『飲み食いに贅沢して貧乏になること』
そうか、やっぱりこれって美味い・まずいは関係なさそうだね。
まぁ、美食を求めて・・って意味合いが強いかも知れないけど、だとすると本当においしいものがそう簡単には手に入らないってことの裏返しとも言えませんか?

また、総務省統計局の「家計調査」によると、主要都市圏の中で食費の支出実額が一番多いのは京浜葉地域だが、エンゲル係数は京阪神が最も高いそうだ。
何かこの辺を分析したものが無いかと調べてみたら、こんなのがあった。
http://www.toyro.co.jp/business/dengonban/regional/0311.html
<一部引用開始>
食材費支出が大きい半面、外食費は11,222円で北九州・福岡と同水準、京浜葉の16,197円を下回っている。ウチで美味いもんを食べるのが京阪神的生活のあり方だと推定される。

 この部分だけを切り出せば、京阪神で暮らす人たちには独自の生活様式があるかのように思えてくる。これは、関西至上主義を主張したがる人々には豊 かな暮らし方を示すのに都合のよいデータだろう。しかし、失業率の高さでも独走態勢を固めて独自性を主張しているのが関西のもう一つの側面。食料支出の多 さは、他の面での削減努力を要している。

■ 食費捻出の裏面

 その一つが教育関係費と身の周りへの支出。被服・履物類への支出は12,596円だが、これは、その次に少ない北九州・福岡地区よりも1,144 円少ない。家具・家事用品も6,939円で最低。すぐ上の中京地区より1,173円少ない。理美容品、理美容サービスへの支出も京阪神地区では少ない。教 育関係費は13,521円で、最も多い京浜葉地区の8割水準でしかない。明日の活動のためなのか、癖が止められないだけなのかの判断は難しいが、支出実額 が全国平均よりも少ない中で、食費だけを突出させる生活様式を維持するための努力が、京阪神的暮らしには必要だ。

<引用終了>

統計をどう捉えるかは、読む人の自由だし、この分析が当たっているかどうかもそうだろう。
でも外食はあまりしないのに、食費が高いってのは意外ですね。
いわゆる「食い倒れ」の言葉としての誤解(美味いものが、どこの店でも食べられる、大阪は食の街を形容したもの)はやはり思いこみなんじゃないのかなぁ、ともとれますね。

この辺、一寸興味が湧いたのでもう少し調べてみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/02

それは勝手だけど押しつけないでね

48度以上に過熱しないとか、魚や肉を食べないってのは、そう言うのが好きなら「ご勝手に」という類の話なんだけど、こういうのを推進する人は「原理主義者」が多いから、必ず「肉や魚を食べるのは野蛮」とか言い出すんだよ。きっと。
毛皮製品にしたって、「自分は着ない」限りにおいては個人の趣向だったはずなのに、いつしか「毛皮を着るのは野蛮な人!」になったでしょ?
鯨を食べるのも野蛮、マグロを食べるのも野蛮、で次は「肉や魚、あらゆる動物性の食物を食べるのは野蛮」に行き着くと私はにらんでいる。

本当にこういう健康オタクとそれに流される大勢には困ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/24

どれくらいなら多いの?

この記事を書いた人は中国から何かもらってるのかな?
>しかし、アジアの周辺国への輸出が主で、対米輸出はまだ少ない。リンゴジュースは米国内消費の40~45%、ニンニクは50%強、ハチミツは19%にとどまっている。
水産物も消費総量の80%を輸入に依存しているが、中国からの輸入は16%程度でしかない。<


これでも「まだ少ない」とか「程度でしかない」と言える神経を疑うね。
私の感覚では、十分すぎるくらい多い数字だと思うけど。違うのかな?
まぁ、なんにしてもBSEであれだけ騒いだのに、こと中国の産品になると沈黙をするマスゴミはどうしたものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)