2010/06/15

平和ボケか?悪いけど、同情出来ない

あれだけ治安が悪い悪いと言われてるのに、それを知っていて当然の報道関係者が徒歩で2kmも移動するなんて危機感が無さ過ぎ、バカじゃないの?

平和ボケもここに極まるだね。

悪いけど、とても同情出来ない。

他のクルーも置いてけぼりは薄情だけど、一体どこをみて歩いていたんだ?(いや、歩いてる時点で間違ってるけど)

大体、まだ治安がマシなアジア、例えばフィリピンだって日本人が一人で歩いてると危ないのだから。

またタクシーに乗ったら、必ずロックするように言われる。

でないと、止まったときに乗り込んできて襲われることもあるんだ。

もっと言えばショッピングモールだって、一人でトイレに行ってはダメって言われるくらいなんだよ。

それなのに、あの南アフリカでですよ!

(一説によると、世界一危険な国は、南アフリカ共和国。「駅から2ブロック歩く間に確実に武装強盗に襲われる」と言われてます。)

バカかと、アホかと、言いたい。

 

悪いのは犯人だけど、これは、もうね自業自得としか言いようがないでしょ。

 

<引用元記事>

カメルーン戦の勝利に沸いた日本代表だが、ブルームフォンテーンの試合会場近くでは、日本人カメラマンが襲われ、撮影機材一式などを奪われる事件が あった。

 日本代表チームの関係者によると、襲われたのはガンバ大阪のオフィシャルカメラマンの男性(32)で、試合後、フリーステート競技場から約2キロ離れたホテルまで徒歩での帰路、仲間とはぐれて1人となってしまった。3人 組が近づき、道を聞かれて答えようとしたところ、突然背後から首を絞められた。ケガはなかったが、撮影機材やパスポート、現金が入っていたリュックサック を奪われた。

<ここまで>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/22

このテープを聴けば、誰だって菅家さんが犯人だと思うのでは?

記事では、検察の取り調べに「執拗に」という形容が何度と無く繰り返されている。

しかし、これだけ供述が二転三転する「菅家さん」に対し、検事は忍耐強く聞いているだけではないか。

そこにはマスコミの言うような「決めつけ」や「恫喝」は見いだせない。

なんとかして、真実を導き出そうとしているそのプロの仕事を、誰が批判出来るだろうか?

検察は弁護士ではない。

これ以上検察が犯人容疑者に対して優しくしろとでも言うのだろうか?

 

一応、この「菅家さん」は冤罪だったと言う事はニュースなどで聞いて知っている。

しかし、この供述テープの再現を全部読んでみた感じでは、本当に冤罪であったのかさえ疑問に思える。

それくらい、供述がおかしい。

いくら性格の問題とは言え、裁判でも認めたり、否定したりの繰り返しではとてもこの人を信用出来ないだろう。

きつい事を言うようだが、本当にやっていないのなら何故一貫して否認しなかったのか?

少なくともこの検事に対してだけでも、正直に「やっていない」と言い続けるべきではなかったか?

 

少なくとも、検事の取り調べが問題だという報道はおかしいのではないか。

 

元検事の言ったと言う

「(無実と思ったことは)ないです」

は当然だろう。

私は、元検事がひどいことをやったとは到底思えない。

 

 彼は検事としての職務に忠実に従って仕事をしただけだと思う。

 


なかのひと

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/26

いくらサカリのつく年頃とは言え、あまりの非常識

高校生が肉体関係を迫るってのは、まぁあり得るとは思うけど、普通はもうそれなりの深い関係になっている事が前提でしょう。

これって、そこまでの交際になっていないのではないの?

しかも、断られたってそれだけで激昂して女子を殴るか?しかも石でって。

まぁ、なんというか短絡的というか、単細胞というか、獣以下というかなぁ。

 

私らの若い頃なんて女性から交際を断られたただけでシュンとなったもんだけど、こいつは全て相手が悪いとでも思ってるんじゃないか?

こんなやつ、そいつの大事な一物を石で潰してやればいいんだ。

少しは他人の痛みが分かるんじゃないか?

未成年だからと甘やかさず、厳罰を望むね。

 

追記

時事通信のニュースを見たら、石で殴ったんじゃなく、石を投げつけ更に首を絞めて殺そうとしたらしい。

もう、同情の余地がないね。

こんな奴が「女子高生コンクリート詰殺人事件」の犯人のように、女性を単なる欲望の捌け口にする鬼畜になるんだ。

 

<時事通信のニュース>

2009年12月26日(土)14時38分配信 時事通信

 茨城県つくば市の休耕田で、県立高校3年の女子生徒(17)の顔面に石を投げ付けた上、首を絞めるなどして殺害しようとしたとして、県警つくば中央署は 26日、殺人未遂容疑で、同市内に住む同じ高校の同学年の男子生徒(18)を逮捕した。女子生徒は顔がかなり腫れた状態で、左ほおを骨折するなど1カ月の 重傷。同署によると、男子生徒は「わいせつな行為をしようとしたら拒否された」などと話しているという。
逮捕容疑は25日夕、女子生徒とバス停から一緒に帰宅する途中、人けのない同市谷田部の休耕田に誘い、殺害しようと顔面に石を投げ付けたり、手で首を絞めたりするなどして、気を失わせたまま放置した疑い。
同日午後11時ごろ、女子生徒の父親から「娘が帰って来ない」と近くの交番に届け出があり、付近を捜索していた同署員が26日午前5時20分ごろ、休耕田で倒れている女子生徒を発見、保護した。
 

 


なかのひと

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/12

父親は「死刑制度」に賛成なんだろうか?

リンゼイさんの父親が「最も重い刑を望む」と発言されたそうです。

私がその立場だったら、間違いなく「死刑にしてください!」と言うだろう。

 

>会見を開いたウィリアムさんは「(市橋容疑者の)悪魔の目を、日本に行って確かめたい」と語った。そして、怒りを込めて「最も重い刑を望む」と英国では廃止された“極刑”を望んだ。<

 

ここで、疑問に思ったのだがこの父親は英国内では少数派の「死刑制度賛成」の人だったのだろうか?と言う事。

まさか、自分の娘だから「死刑」を念頭に発言したんではないでしょうね?

いや、リンゼイさんの父親を非難仕様とか言う意味ではない。

もっと一般的に「死刑制度反対!」と日頃騒いでる人達は、本当に自分の家族が惨殺されても、それでも「死刑だけは反対」と言い続けられるんだろうか?それだけの覚悟があって運動してるんだろうか?と疑問に思う。

甘っちょろい考えで「死刑反対」を言う人達は、もう一度自分ならどう思うかを考えた方が良いと思うよ。

まぁ、自分だけはそう言うこととは無縁と思ってるんだろうけど。

 

それにしても、この市橋容疑者は許せないですね。

そして、リンゼイさんのご家族の心労を思うと、是非とも「最も重い刑=死刑」をと思います。

日本の司法の前例踏襲主義の判決では無理でしょうけど。


なかのひと

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/08

妥当な判決

逆に言うと地方裁判所の判決が異常だったということ。

 

京都地裁は平成18年12月の判決は

 

>「利用者の多くが著作権を侵害することを明確に認識していたのに、ウィニーの公開・提供を継続した」と認定。「著作権侵害の蔓延(まんえん)自体を積極的に企てていない」としつつも、幇助罪は成立するとして罰金刑を選択した。<

 

というもの。

これ、ウィニーをナイフと置き換えてみよう。

「『利用者の多くが人を殺傷できる事を明確に認識していたのに、ナイフの製造・販売を継続した』と認定。『殺傷事件の蔓延自体を積極的に企てていない』としつつも幇助罪は成立する。」

と言うようなものだろ?

悪いのはナイフかそれとも使った人間か?と聞けば、イカレタ人でもない限り人間が悪いと言うはず。

そもそもインターネット接続そのものが危険だ、と言うのと同じではないか。

実際問題、ウィニーが無くてもファイル共有は誰でも出来る。

商業サービスとしてもなされてる。

ウィニーだけを特別視する理由が見つからないと言うべきでは?

私はそう思いますけどね。

 


なかのひと

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/10

父親の気持ちは分かる(追記有り)

私には娘はいないけど、姪っ子とかを見てるとこの父親の気持ちはよく分かる。

だって、許せないでしょう?

出会い系で知り合ったなんて、最初から下心見え見えじゃないですか。

こういう事を書くと必ず「もてない中年オヤジの僻み妬みだ」などと頓珍漢な批判を書いて喜ぶブロガーがいるが、そう言う問題じゃない。

記事を読むと、

 

>上野容疑者は、自分のわずか4歳下でほぼ同世代ともいえる洲崎さんがまな娘の“恋人”であることについて、はらわたが煮えくり返るような感情を覚えていたといい、交際にはもちろん反対。これまでにも、洲崎さんとの間でトラブルが度々起きていたという。<

 

この父親、何度か被害者とは会ってるみたいですよね。

それでも止めなかった。

トラブルになっていたということは、向こうも反省してなかったって事だろう。

可愛い娘がおかしな中年男に遊ばれてたら、相手を実力排除したいと思うのは娘を持つ父親ならみんな同じなのでは?

まぁ、刺し殺したのはやりすぎだとは思うけど。

 

もし裁判になったら、十分なる考慮、情状酌量をお願いしたいと思う。

 

追記:

たまたま見たテレビでこの事件のニュースをやっていた。

被害者は州崎なる人物。

それぞれの父親(もちろん高齢)がインタビューに答えていた。

上野容疑者の父親が交際を止めるように言って、「県条例違反で警察へ届ける」と言ったところ、被害者の州崎氏は泣いて「もう付き合いませんから」と謝ったため、告発は止めたらしい。

しかし、その後も娘と付き合うことを止めていなかったため再び呼び出し、上野容疑者と話をしてる最中に、「お宅の娘が電話してくるんだから仕方がない」と開き直った態度をとったため逆上しての犯行だとのこと。

これに対し州崎氏の父親は「息子が悪い。私が逆の立場だったら許せないことだ。息子が死んだことは悲しいが、これは仕方がない」といった内容の事を言っていた。

双方の父親にとっては何ともやりきれない事件です。

 


なかのひと

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/13

またボンバルディア機かぁ・・・

今回の事故が機体の不良とか不調に依るものかどうかはわからない。

だから断定はできないけれど、ボンバルディア社製旅客機ダッシュ8-Q400って機体は国内でも小さな事故も含めてかなり問題が多いものではなかったか?

確か、スカンジナビア航空は使用を止めたと聞いているが・・・。

 

とりあえず、我々に出来る自衛手段として、ボンバルディア社製の機体は乗ることを避けた方がよさそうに思える。

 

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/26

夫婦喧嘩の原因はこのバカ息子では?

このニュースを読んで最初に思ったこと。

「両親が夫婦喧嘩をやめないから頭に来た」と言って自宅に放火するようなバカ息子だから、この両親は「お前の教育が悪いからだ」「あなたこそ」と喧嘩していたんではないか?

原因はお前だよ!

と思ったんだけど、違うかな?

 

それにしても「放送大学生」なんだ。

放送大学を受講してると「大学生」として認められるものなの?

すると、私が受講した場合、「学割は効くんですか?」

スミマセン、下らないエントリーで(^^;

 

追記:

調べてみたら、ちゃんと学割は効くそうです。

まぁ、適用される学割に制限があるみたいですが、意外ですねぇ。

で、ちゃんと卒業すると「学士」になれるそうです。

しかも修士課程もあって「修士」にもなれるんだとか。

てっきり、単なる教養課程だけかと思っていました(^^;

放送大学在校生の皆さん、私の認識不足で大変失礼しました。

 

じゃぁ、ちゃんとした「学生」なんですかねぇ、この息子。

そうは思えないけど・・・。

 

 

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/23

勘違いキャリア君に同情はしないけど・・・

36歳で警察官僚を辞めたんでは、どこにも再就職は出来ないのではないかなぁ?

それとも退職警察官のネットワークは強力で、どこかにちゃんと納まるように話がついてるのか?

 

やったことは、その辺の突っ張り兄ちゃんがやるようなことで、大したこと無いと言う見方もあるけど、やっぱりねぇキャリア組は根本的に勘違いしてるのだろう。

きっと、若い頃から年上の部下に偉そうにしていたに違いない。

だから空港職員などは彼からしたら、「気安く俺に触るな。指図するな。俺を誰だと思ってるんだ」って意識があったんだろうね。

やはり、こういう人が警察組織の上に登っていくことは、この国にとっても良くないので、早い内に駆除できたことは幸いと思うしかない。

退職金を払うべきではないという意見もあるだろうけど、可哀想な妻子の為に払ってやればよいのでは。

ろくな再就職先も見つからないだろうし。

哀れな勘違いキャリア君は、世間の冷たさに「自業自得」という言葉を思い知るだろうから。

 

で、話は最初に戻って、どこか警察関連の会社や組織に天下りするようなら、その時こそ問題にすべきなんだとは思う。

 

 

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/22

被害者は二度殺される

今朝の新聞を見たら、文春も新潮も酷いことを書いてるみたいだ。

ブログにも憶測でのものが散見されるが、マスコミも含めて我々が被害者の身辺情報を軽々しく扱って良いものだろうか?

百歩譲って、あくまで仮に、この教授になにか落ち度があったとしても、それで犯罪が正当化されるものではないだろう。

そして、面白おかしく被害者の家族の情報などを暴露されたのでは、被害者は二度殺されて、遺族は二重に苦しめられることになる。

どうか、興味本位に週刊誌記事などを読まない事を望む。

彼らは、これで売れると思うからセンセーショナルな記事を書くのであって、読む人がいなければ直ぐに止めるだろう。

あと、下らないテレビのワイドショーなどは論外。

 

 

なかのひと

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧