2011/09/23

論点が不明確な記事

この記事は、二つの記事を無理矢理一つにしたようで、わかりにくい。

前段は「テレビの制作現場にはチェック体制が無く、暴力団排除するにも誰が組織と関係が有るのか分からないし、契約書にも不備がある。だから排除が難しい」ってことなんだろう。

それは分かる。

しかし、後段は「暴力団との関係があった有力司会者を失ってTV各局は番組編成が難しくなった」って事なんだろうけど、それと「暴力団排除進まず」はどう関係するのだ?

好意的に私なりに解釈すると、「代わりに起用したい芸能人にも暴力団との関係が噂されるので二の足を踏んでいる。契約書に明記すると益々起用しにくくなる」と言いたいのだろうか?

だとすると、この記事はわかりにくい。

紳助さん引退1カ月 暴力団排除進まず

とタイトルを付けたのなら、番組編成の混乱なんかはどうでも良いこと。

もう少し論点を整理しないと、記事の質、ひいては新聞の質が落ちちゃうよ。

まぁ、産経だけの問題じゃないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/01

安藤選手、優勝おめでとう!

私が安藤選手のファンであることは、再三再四書いてきたので今更だけど、やっぱり優勝は嬉しい。

フリーの得点が130.21点で、合計195.79点なら文句は言えないでしょ?

 

でも、私がファンであるので余計に厳しくなるのだけど、最近のフィギュアの採点は分からないね。

ミスの無い演技で得点が伸びたのか、総合して良くてそうなのか?

他の選手の得点が伸び悩む中でその差が、今一つ分からないので実況を見ていてもヒヤヒヤするのだ。

素人の私には、得点が出るまでは本当に分からない。

まぁ、採点では安藤選手は過去にかなり辛い経験をしてきてるので、トントンという事か?

 

で、ずっと思ってるのだが、安藤選手は本当は内心、ジャンプだってもっと飛びたいのだと思う。

3回転-3回転を回避したのはコーチの指示だと思うのだけど、もっと攻めのスケートも見てみたい(その分、ミスの可能性も高くなるけど)、それだけの実力が有る選手だから。

って、贔屓に選手には色々と注文しちゃいたくなるのが、外野の勝手な意見ですね。

 

とにかく良かった。

優勝おめでとう。

日の丸が揚がっている時に、「君が代」を口ずさんでいたのも良かった。

暫くは、競技会は無いので(ショーは有ると思うけど)ゆっくり気を休めて欲しいと思う。

後は、エキシビジョンで楽しませて下さい。

安藤選手には、笑顔が一番似合って、素敵ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/25

安藤選手、優勝を期待しています

私は、いつも安藤選手を応援してると書いてるので、またかと言われそうだけど、やっぱり期待しちゃいますね。

子供ばかりのフィギュアなんて面白くも何ともない。

安藤選手だってまだ若いけど、それでもグッとオトナっぽくなって、オトナのスケーターとして魅せる演技が出来るようになったと思う。

もっと評価されて良いと思うんだけど、ロリコンなファンが多くて困っちゃうよね。

もう、有無を言わさず優勝して黙らせて欲しいもんだ、と思う。

ま、結果は時の運もあるので仕方ないけど、優勝期待してます(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/22

何かの冗談かと思った・・・

最初、記事のタイトルを見た時、何の冗談か?と思った。

それくらい意外な死去。

ほぼ同年代なので、同じ時代を生きた人という感じがする。

キャンディーズの中では一番ポッチャリしていて、親しみが持てて好きだったなぁ。

女優としても良い仕事をしていたので、これから益々期待出来ると思っていたのに。

この人は、ずっとこの先も生きてお母さん役として良い味を出していくんだろう、そう思っていた。

う~ん、なんだか友人を亡くしたようなショックですね。

ご冥福をお祈りします。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/23

この記事書いたの誰?

挑戦者が敗れたのでしょ?

 

>挑戦者の久高寛之(仲里ATSUMI)が王者ウーゴ・カサレス(メキシコ)に0-3の判定で敗れ、王座を奪取した。

 

なんで奪取したになるの?

もう一寸だけ、読み直してからアップしようね。

残念。

 

<元記事>

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦が23日、大阪府立体育会館で行われ、挑戦者の久高寛之(仲里ATSUMI)が王者ウーゴ・カサレス(メキシコ)に0-3の判定で敗れ、王座を奪取した。

記事本文の続き 過去、WBAフライ級に2度挑戦して王座奪取を果たせなかった久高は、階級を1つ上げて3度目の世界戦に臨んだが、大願成就はならなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/24

女子フィギュアスケートの宿命

15、16歳頃に脚光を浴びて17,18歳までは順調にいっても、その後は身体の成長に技と意識が付いていけないのが女子フィギュアスケートなんだと、素人ながらに思う。

荒川選手にしてもそうだし、安藤選手にしてもそう。

だから、浅田選手の低迷も一過性のものでなく暫くは続くのではないかと思う。

まして、日本のマスコミは不調が続くとバッシングが起きますからね。

あんまり叩いたりしないで、そう言うものと長い目で見る事です。

浅田選手も今までがあまりにも順調すぎて、一寸ばかり自信過剰というかそれが当たり前と思っていた部分が有ったと思うので、自分を見直す良い機会だと思うのです。

人は挫折を経験して初めて大きくなると思うのですよね。

幸い、村上選手という代わりの選手が伸びて来ているのですから、変に「私が日本のフィギュアスケートを引っ張っていく」なんて思ってプレッシャーを感じる事は無いのです。

今は耐えて、基本を見直す時期なんではないかな、と素人のオジサンは思います。

逆に言うと、ベテランの域に来ている安藤選手にはファイナルで頑張って欲しいなぁと、ファンとしては期待しています。

(安藤選手が不調になったときのバッシングは、それは酷いものだった。今思い出しても腹が立つくらい)

神様はそんな彼女を見捨てないし、きっとご褒美をくれるのではないかなと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/05

本当に横浜の人は愛してるのか?

「横浜の市民球団として、愛されてる」ってのは良い話だが、横浜の試合って観客少ないじゃないですか。

せめて横浜でやってるときくらい満員なら「愛されてるんだな」と思うけど、あの光景を見ると「本当に愛されてるの?」と思わないでもない。

横浜市民は本当はどう思ってるの?

無くなるのはイヤだけど、球場に足を運んでまで見たくないってのなら、それは違うと思うんだが。う~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/16

自分で自分のことをアーティストって言うのか・・・

山下達郎が、「自分はアーティストだと思ったこともないし、他人がアーティストを自称するのも違和感を感じる。私はあくまでミュージシャン、アルチザン(職人)でありたい」みたいなことを言っていたな。

同感だ。

 

似たようなことで、建築家やいわゆるデザイナーさんが「アーティスト気取り」で作品を発表するけど、そこに住む人や物を使う人のことをほとんど考えてない様なのは困ったもの。

インダストリアルデザインでの小物ならは、売れなくても在庫を処分すればよいのでそんなに問題にならないけど、建築の場合はそれを解体するまではずっとそこに存在するから困ったものだ。

それを知ってか知らずか、独りよがりな芸術家ごっこは頼むからやめてくれ、と言いたい。

 

で、自称アーティストのミュージシャンだけど、どんな作品を作って歌っているんだい?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/07

“清楚で純粋”なフレンチ・キスだって?

確か、私の記憶では「フレンチ・キス」の意味はディープ・キスだと思ったが?

清楚で純粋なグループには似合わないネーミングの気がしますけどねぇ。

分かっていて付けたのでしょうか??

まぁ、いいか。スキにしてください(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/04

そうならないためにも

ぜひ、(株)空調服の社長さんは所さんに「空調服」をプレゼントすべきでしょう。

話題になるし、感謝されるし、あわよくばテレビ番組で話のネタに使ってもらえると思うよ。

という冗談は抜きにしても、あの空調服は優れものだから、みんなが買えば安くなって、みんなが助かると思うね。

農家や建設現場の作業員などには感謝されると思う。

回し者ではありませんよ。為念。

 

(株)空調服

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧