« 安藤選手、優勝おめでとう! | トップページ | 論点が不明確な記事 »

2011/05/26

どうせ民主が東電に圧力掛けたんだろ

「海水注入中断してなかった」とわざわざ東電が発表した(させられた?)のも、「中断指示しようがしまいが結果は同じだったじゃないか」と言う事に持っていきたい政府の圧力なんじゃないか?

で、この件は一件落着ってことにするんだろう。

と私は疑ってるんだけどね。

 

また、

 

(海水注入継続は)「吉田所長の記憶の中にあり、証言が得られた」と述べた。ただ、「計器の記録があるわけではない」とも話した。(2011年5月26日 16時01分 読売新聞)

 

って記事もある事だし、実際は注水停止したのけど、政府からの圧力で継続した事にしてるんでは?

だから計器の記録がない、そう言う事なのでは?

また、吉田所長は本店の言う事に対して対立していて(実はそれが正しい判断)これ幸いと、スケープゴートにされたかなと?

 

まぁ、何にしても裏がありそうな話だよな。

誰も「政府とのつじつま合わせはまったくありません」なんて信用してませんよ。

 

 

参照元記事本文

 東京電力福島第1原発事故で、1号機への海水注入を中断していなかった事実が判明した26日の東電本店(東京都千代田区)での会見。これまでの発表内容を訂正した武藤栄副社長は「これまでと説明内容が異なり、大変申し訳ない」と険しい表情で謝罪した。


会見場には100人以上の記者がつめかけ、発表訂正の経緯や海水注入が行われた3月12日当時の状況などについて矢継ぎ早に質問。これまでの発表内容に同原発の吉田昌郎所長への聞き取り調査内容が反映されていなかったことも判明した。

 社内調査自体の信頼性について問われると、自らも訂正の事実を25日夜に知ったという武藤副社長は「所長から、訂正はこの1点だけだと確認が取れている」と険しい表情で話した。

  1号機への海水注入については、菅直人首相の意向を受けて55分間中断したとされ、国会で問題視されてきた。このタイミングでの訂正について武藤副社長は 「吉田所長が、国会などで議論になっていることなどからもう1回考えた結果、出てきた」と釈明。「政府とのつじつま合わせがあったのでは」との質問に対し ては「まったくありません」と強い口調で否定した。

 一方、首相官邸や東電本店などの意向に反して吉田所長が海水注入を継続したことについて、同席した東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「地域や作業員の安全確保のために海水注入を優先したのだと思う」と一定の理解を見せた。

 また、吉田所長の会見実施について武藤副社長は「現地で陣頭指揮を取っている立場なので」と即座に否定した。

|

« 安藤選手、優勝おめでとう! | トップページ | 論点が不明確な記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58605098

この記事へのトラックバック一覧です: どうせ民主が東電に圧力掛けたんだろ:

« 安藤選手、優勝おめでとう! | トップページ | 論点が不明確な記事 »