« 落ち着いていて素晴らしい演技だったと思います | トップページ | 単純に同情しない方が良い »

2010/03/01

五輪結果

バンクーバー五輪も終わっちゃいましたね。

さて、以前のエントリーで「私の期待する選手」ってのを上げてましたが、その結果をまとめてみました。 

 

1位:安藤美姫・・・・5位。彼女の演技は良かったと思います。ただ、SPで回転不足の判定が一寸厳しすぎ(いえ、減点ならそれで良いのですが、他の選手とのかねあいという意味で)で、フリーで大胆な勝負に出られなかったのが悔やまれます。

フィギュア全体をみるとねぇ、ジョアニー・ロシェットはお母さんの死という「悲劇のヒロイン」がもう見え見えで、採点も大甘(?)だったように見えますが、それ以上は言いますまい(^^;

長洲未来選手の採点集計に時間がかかりすぎたのは、何故でしょうか?

もしや集計を操作したんでは?なんてね(って思いっきり言ってますね^^;)

しかし、女子フィギュアの得点が220点越えってのは異常です。

これ、単純に比較はできないけど、男子に混じってもメダル争いが出来るってことです。でも、それってあり得ますか?

キムヨナがパーソナルベストで史上最高点を出したのも疑問。

今大会、何か彼女の演技が「ここが進歩した!変わった!」ってところがありますか?それがどうして大幅な得点増に結びついたのでしょうか?

普通、大きな大会はシビアに採点するので、加点は少なく減点がされやすいものですが、どうして減点されずに加点ばかりなのか疑問です。

(ちなみに、こんな意見があります。参考まで

まぁ、金銀の順位は妥当だと思いますが、得点があまりに異常なのでつい書いてしまいました。

 

2位:里谷多英・・・・20人中、19位。果敢に攻めた滑りは見事でした。結果は残念な転倒でしたが、腰痛による練習不足を補うにはあの一か八かの滑りしかなかったと思います。見ていて、何かやってくれそうで楽しい選手です。

 

3位:越和宏・・・・・・20位。やはり年齢的な物でしょうか、残念。

 

4位:岡崎朋美・・・・500m16位、1,00mは34位。どうしちゃったんでしょうね?ソチ五輪まで頑張るそうなのですが、日本のスピードスケート短距離はそれほど層は薄くないので難しいかも。でも頑張れと言いたい。

 

5位:岡部孝信・・・・メンバーに選ばれず記録無し。今大会は不本意だったでしょうね。

 

6位:夏見円・・・・・準々決勝4組で6位となり、準決勝に進めず。20kmリレーは9位。30kmクラシカルは31位。う~ん、やはり落としていた調子は上向かなかった様で。

 

7位:高木美帆・・・・1,000m35位、1,500m23位。まぁ、初めてにしては良くやったと褒めるべきでしょう。

 

8位:原田窓香・・・・・・26位。期待していたんですが・・・。

 

9位:竹内智香・・・・一回戦第7試合で敗退

 

10位:チーム青森:・・・一次リーグ敗退。8位。前半戦はかなり良かったんですがねぇ。接戦を物に出来なかったのと、後半での連敗が悔やまれます。

解説者の人が言っていましたが、今までの頭脳戦、技能戦から体力勝負のアスリート競技に変わりつつある時期なんでしょう。ストーンのスピードなどを見るとやはりその辺も変えないといけないのかも。

あと、連戦に負けないタフさ(精神面、体力面両方で)が必要なんでしょうね。

 

私の応援した選手はことごとく、好結果には結びつきませんでしたが、・・・わ、私が応援したからって訳じゃない!ですよね?(笑)


 

なかのひと

 

 

|

« 落ち着いていて素晴らしい演技だったと思います | トップページ | 単純に同情しない方が良い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58605035

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪結果:

« 落ち着いていて素晴らしい演技だったと思います | トップページ | 単純に同情しない方が良い »