« いいえ鳩ではありません。 | トップページ | 私が期待する選手は »

2010/02/05

角を矯めて牛を殺す

朝青龍引退。残念です。

私のブログの過去エントリーを見てもらえば分かると思うけど、私はこれまで一度も朝青龍を批判してこなかった。

今回の暴行事件(?)は、実態はどうなのかよく分からないのでとやかく言うのはどうかと思うが、少なくとも示談が成立(まさか、脅迫して示談させたわけではあるまい)したのだから、厳重注意で良いではないか。

朝青龍の言葉をそのまま、まるまる信用するつもりはないが、報道と実態は同じとは限らないわけだし。

それを、国民こぞって「朝青龍ならやったに違いない」と決めつけ「品格!品格!」ってバカの一つ覚えみたいに騒ぎすぎ。

でも、「ヒールとしての朝青龍」がいたからこその相撲人気だったんじゃないのか?

それを「良い子にしていなさい」ってのはどうなんだ?

そう言うのを「角を矯めて牛を殺す」とか言うのではないか?

 

これで朝青龍がいなくなって、相撲人気はがた落ちだろうな。

まぁ、自業自得だけど。(もちろん、これは朝青龍だけではなく、相撲協会、そして国民全体にとっても同じ、と言う意味で)

 

結局、一連のバッシングはいじめの構図でしかないんだよな。

大体、底意地の悪い小姑が多すぎるよ。

 

また魅力的な力士がいなくなったな。残念。

日本人力士には当分期待出来ないしなぁ。

 

しかし、バッシングに負けずよく頑張った。

朝青龍の相撲には何度も感動した。

把留都を宙に浮かせた投げは本当に見事だった。

ああいう相撲が見られなくなるのは至極残念。

長い間ご苦労様でしたと言いたい。

 

追記:

過去にこんなエントリーを書いています。

http://maikee.iza.ne.jp/blog/entry/729181/

「恩知らずの日本人」

 

そうだ、もしかすると「そんなに嫌いな俺に日本人力士は勝てないじゃないか。それなら辞めてやるよ!」という朝青龍なりの意地を見せたのかも知れないな。

結局、愛想を尽かされたって事だろう。

 

ノムさんの「時代に負けたのかな」ってのは名言ですね。


 

なかのひと

 

 

|

« いいえ鳩ではありません。 | トップページ | 私が期待する選手は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58605023

この記事へのトラックバック一覧です: 角を矯めて牛を殺す:

« いいえ鳩ではありません。 | トップページ | 私が期待する選手は »