« 無限回廊 | トップページ | 鳩山内閣の支持率が下がってきた:その2 »

2009/12/19

相手のパンチを誘う動きが見事

長谷川選手は、相手の呼吸で次のパンチが判るそうだ。

また、ここに顔を置けば相手は打ってくる、こう動けば相手はこう動くというポイントも大体判ると言っている。

素人には「本当かいな?本当なら凄いことだ」と思うような話だが、そう思って見てみると確かに相手を誘っているのか?と思える動きが随所に見える。

 

合気道では「相手を誘導する」という言い方がある。

人によっては「相手を誘う(いざなう)」とも言うけど、相手を自分の思う方向に動かし(相手が自然とそちらに動くように誘って)それを上手く利用して投げたり、倒したりをする。

 

長谷川選手の試合運びは正しくそれに近い。

最後のパンチも、左を当てて(その後軽く右でフェイントが入っていたのかな?)、相手が反撃に出ようとした瞬間に再度左を打ち込んでいる。

相手が踏み込もうとしている瞬間だから威力は倍増だろう。

 

他の選手を揶揄するのは好まないのだけど、粟生選手の前座試合もテレビで流れていたが、「高校六冠を達成した天才」と呼ばれる割には相手のパンチをもらいすぎだし、ただ殴り合っているだけ。

単に相手のパンチに反射してるだけに見える。

相手を操り、自分の望む方向に試合を組み立てるセンスが残念ながら見えなかった。

ああいう試合を続けていると、チャンピオンに返り咲いても連続防衛は難しいのではないか?

そう考えると、いかに長谷川選手が並ではないかが判る。

 

最近の防衛戦を見てると、長谷川選手は達人の境地に達したのだろうか?と思えてならない。

 


なかのひと

 

 

|

« 無限回廊 | トップページ | 鳩山内閣の支持率が下がってきた:その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604996

この記事へのトラックバック一覧です: 相手のパンチを誘う動きが見事:

« 無限回廊 | トップページ | 鳩山内閣の支持率が下がってきた:その2 »