« 珈琲自家焙煎のすすめ | トップページ | 安物買いの銭失い »

2009/03/17

越前谷知子記者の時もそうだった

今回の「バンキシャ!」だけに限らず、例のG7の時の昼食を共にした越前谷知子記者関連の記事を全てサイトから消したり、それに対する一切の説明をしなかった読売ですからね、当然の対応でしょう。

で、その時どの社もそれに対して「説明責任を果たせ」とは言わなかったではないか。

腐れマスコミが何を今更言うか!と言う話。

 

参考までに桜チャンネルのものを貼り付けておこう。

 

 

 で、「立場が変われば」って言ってる他のマスコミだって、今度なにか不祥事が有った時は迅速且つ丁寧な対応をしてくれるんでしょうね?

ここで書いた記事の内容を忘れないで欲しいものです。

 

なかのひと

|

« 珈琲自家焙煎のすすめ | トップページ | 安物買いの銭失い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604818

この記事へのトラックバック一覧です: 越前谷知子記者の時もそうだった:

« 珈琲自家焙煎のすすめ | トップページ | 安物買いの銭失い »