« キ印に刃物、民主党に過半数 | トップページ | 流石は変態毎日新聞社員 »

2009/01/27

茂木健一郎はいつから文化人になったんだ?

私にとって、どうでも良い人なんだけど(^^;最近のこの人の書いてる本を見ると、一体この人は何者?と思わざるを得ない。

脳科学ってのはかなり怪しげな科学で、私も半信半疑なんだけどね。

まぁ、それでも潜在意識とかの効果はありそうだし、信じた方が得だから信じてるけど(笑)

で、最近やたらと芸術について対談やらその書籍化をしてますが、いつからそう言う文芸評論家になったんだい?

どうも彼の専門とはかなり離れたことで稼いでいるようで釈然としない。

いえ、彼が何をやって儲けようと私には関係ないのですが、いい加減な事を科学者として世に出すのは如何かと思うわけですよ。

精々、オカルト的な話なら「脳にはそういうところがあるかもね」で済むのだけどさ。

 

そうそう、オカルトという話になったから書くけど、私は大槻教授と違って「計量できないものは科学でない」という立場はとらない。

現代の科学というのは「何事も計量できるもの、誰もが追認できるものだけを科学としよう」という仮説に基づいてるだけ。(小林秀雄がそう言ってる^^;)

だから、計量できないけれど現実に起きていることはすべて「気のせい」「単なる偶然」で済まされてしまうんだよね。

それは単に現在の所、測る物差しがないだけという謙虚さはあってもいいと思うのだけど。

大体、意識だって計量できないのだから、脳科学なんて本来は科学になり得ないはずだ。

まぁ、どうでも良い話だけどね。

 

で、話が飛んでしまったのを戻せば、この茂木健一郎氏は「日本で一番ノーベル賞に近い脳科学者」と紹介されるけど、彼は本当に何か脳科学で新しい発見をしたことがあるのか?

そうでないなら、脳科学者という肩書きで金儲けしてる電波芸者でしかないのではないかと思うのだが。

本業でちゃんと業績を上げて本当にノーベル賞を取って下さいな。

 

追記:

そういえば、白石真澄先生もやたらと対談やらテレビ出演とかをされてますが、一体全体彼女は大学教授としてちゃんと学生に教えているのだろうか?

ちゃんと研究活動をしているんだろうか?

今度は千葉県知事に立候補とか言ってるけど、なんだかいい加減な話だなと思うのは、私が偏屈だからなんだろうか?

 

 

なかのひと

|

« キ印に刃物、民主党に過半数 | トップページ | 流石は変態毎日新聞社員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604780

この記事へのトラックバック一覧です: 茂木健一郎はいつから文化人になったんだ?:

« キ印に刃物、民主党に過半数 | トップページ | 流石は変態毎日新聞社員 »