« チャイニーズルーレット | トップページ | バナナダイエットの肝は »

2008/10/17

外資系に恨みでもあるのでしょうか?横田さん

以前は、外資系に転出した国家公務員を批判していましたよね。

で、今回は「へへん、ザマァミロ」と言ってる様な内容。

なにか、外資系に個人的な恨みでもあるのでしょうか?

 

>いま、難民化しつつあるバナナたちは何を思うのか? よもや、本国に救済を求めることなどないだろうが。そもそも彼らの「本国」はどの国になるのだろう。(ルポライター 横田由美子)<

 

別に彼らは彼らなりに、ちゃんと転職するでしょう。

それが国内資本か外資かはわかりませんし、給料は下がるだろうけど、能力があればちゃんと納まるところに納まるはず。

もとより、外資系は実力主義ですから、いつリストラされるか分からないってことは彼らが一番良く知っていたはず。

だから、今回の様なことも当然、織り込み済みだったと思いますよ。

逆に日本がそう言う状況だったら、我々も「だから国内企業にしがみついてる奴等は先を見る目がない」とか言われたかも知れません。

 

それよりもそもそも彼らの「本国」はどの国になるのだろう。』はいただけませんねぇ。

外資系に就職しようと、彼らは日本人でしょうし、外資系に勤めたから日本人を捨てた、としてしまうのはあまりに狭量ではないですか?

「バナナ」と言う言葉を意図的に悪く使ってますが、彼らだって外資の本国からは「所詮、日本人」と差別されてるのですから。

彼らの経験を日本で活かすべきであって、それを「バナナなんかいらない、もっと苦労しろ」と排斥してしまうのではあまりにも・・・。

 

結局、なんの意味もない個人的な恨みしか伝わってこない記事ですねぇ。

 

なかのひと

 

|

« チャイニーズルーレット | トップページ | バナナダイエットの肝は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604695

この記事へのトラックバック一覧です: 外資系に恨みでもあるのでしょうか?横田さん:

« チャイニーズルーレット | トップページ | バナナダイエットの肝は »