« 倒れたのではなく、倒したのでは? | トップページ | 日本以上に韓国経済が危険だと思う »

2008/09/16

対照的な3試合

西岡とナパーボンの試合はまぁボクシングらしい試合。

しかし、凄みに欠けていたかな。

対する名城と河野の試合は相撲ボクシングとでも言えばよいのか。

ガチンコの殴り合いで、良いと言う人もいるかも知れないけどね。

殴っては組み付き、組み付きながら殴る。

なんだか総合格闘技を見てるみたいだったな。

 

そして、新井田とローマン・ゴンサレスの試合はこれぞ本当のボクシング。

お互いのパンチが速く、ディフェンスも良かった。

瞬きも許されないような息詰まる様な試合だったな。

もう少し長く見たかったが、しかし、やはり挑戦者のパンチ力が上だったと言うことだろう。

残念。

私はリカルド・ロペスが最高のボクサーの一人だと思っているのだけど、それに近いものを感じる。

普通、パンチ力が有るボクサーって単発狙いで大振りの大味なボクサーが多いのだけど、内側からえぐるように撃つのでなかなかディフェンスも難しそうに思えた。

ただ、ロペスの様に相手のパンチを全くもらわずに撃つタイプではないので、危ない面があるかも。

それに気を付ければ、かなり防衛できるのでは?

やはり南米のボクサーは凄いねぇ。

日本のボクサーでは勝てる選手はいないかもしれない。

 

 

nakanohito なかのひと nakanohito end

|

« 倒れたのではなく、倒したのでは? | トップページ | 日本以上に韓国経済が危険だと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604663

この記事へのトラックバック一覧です: 対照的な3試合:

« 倒れたのではなく、倒したのでは? | トップページ | 日本以上に韓国経済が危険だと思う »