« 多分、それはないだろうな | トップページ | マスコミ雑感・覚え書き »

2008/08/24

日本のスポーツ団体に構造的欠陥

シンクロでは井村雅代ヘッドコーチの中国が団体でメダルを獲り、金子正子ヘッドコーチの日本は獲れなかった。
かつては同士として戦った二人にどういういきさつが有ったかは知らない。
だが、メダルを取り続けた井村コーチの業績を協会は評価せず、代表コーチ退任後も役職にも就かせなかったと聞く。
それは冷遇と表現して良いものだったらしい。
そこには嫉妬の様なものも有ったのでは?と思う。
スペインチームに若い日本人コーチが流出していることでも、閉鎖的な協会に構造的な問題が有るのではないかと思える。

さて日本のプロ野球だ。
どこぞの新聞会社のオーナーが非協力的だとか色々と問題があるようだが、監督の人選にしても不可解なものがある。
<追記>
なんとこの球団会長が「星野以上の監督がいるかね?」と言ったそうだ。何様?
本当にそうなら、また負けるでしょう。
だって実戦を離れてるOBじゃ、いくら過去に経験があったて、今現在での実践経験が無いんだから。
こんなもの現場を離れれば直ぐに、おかしくなるもの。
私などの経験から言わせてもらうと、設計実務から少しでも離れると、つい「そんなもの簡単だろう。なんで出来ないのだ。もっとスマートにできないのか」と考え勝ちだが、ずっと現場に居ると難しさと同時に抑えるべきところが分かってるから、外野から見ると保守的な設計にするもの。
目新しさ、派手さは無いかも知れないけど、確実に成果は残せる。
野球に限らずどんなことでも同じではないか。
やっぱりねぇ、現役の監督に頼むべきだと思うけど。
<追記ここまで>
村社会の論理とでも言うのか、勝つことが目的なら本当に星野監督の選出は最適だったろうか?
現役でもない人が本当に選手の力を把握していたのだろうか?
試合勘がどの程度戻っていたろうか?
同様に、田淵や山本が本当にコーチとして最適だったのか?単なるお友達?
この人達どれくらい現場に近い人達なんだろう?
単なるOBでしょ?
日本の選り抜きのプロ選手が戦うのだから、監督なんてシャッポであって誰でも良いし、どうせ勝てるという思い上がりが有ったようにも思える。
そうでもなければこんな体制で臨まないのでは?

そう考えて周りを見渡せば、惨敗と言える柔道もなにやら「日本柔道」にこだわって、勝ちたいのか「日本柔道の美学」を追究したいのかが不明な強化体制だったように見える。。

一方、フェンシングで銀メダルを獲れたのは、明らかに外国人コーチの存在があればこそだろう。
本当に五輪で勝ちたいというなら、もっと外国人コーチの力を借りないと、日本だけ独り善がりの世界で強化して、いざ戦ってみたらまるで違う世界で戦っていた、ということ事になりはしないか?
少なくとも情報網を持っている外国人スタッフは必要だろう。
選手個々の努力を云々する以前に協会の体質を劇的に変えないと、同じ事が繰り返されるように思える。
日本選手不振の本当の原因は協会の構造的欠陥なのでは、と思う。
まぁ、自分達の利権が一番なら仕方がないが・・・・。
これ、政治も似たようなもんだな、と思う。

|

« 多分、それはないだろうな | トップページ | マスコミ雑感・覚え書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604632

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のスポーツ団体に構造的欠陥:

« 多分、それはないだろうな | トップページ | マスコミ雑感・覚え書き »