« 日本のスポーツ団体に構造的欠陥 | トップページ | それは一寸、あまりに論理の飛躍ってものだ »

2008/08/25

マスコミ雑感・覚え書き

マスコミ報道について一寸興味深いことだなと思ったので、古森義久氏のブログのコメント欄でのやりとりを備忘として残しておきます。
(特定の個人を批判するのが目的ではありません。為念)
以下青文字が古森氏赤字が私のコメントです。(一応、頭に古、私と付記します。)

まず、私は古森氏の記事中のこの一文が気になりました。

古: >北京五輪では全体を通じて従来のような反日ブーイングや暴力行為がなかったのが特徴だといえる。<

え?それは本当?イザのニュース記事にも有ったけど、男子サッカーなどはかなり酷いブーイングに曝されたと聞いてるけど。
そこで私は次のように問うてみました。

私:>北京はいざ知らず、地方ではかなり反日的な応援(ブーイング?)が有ったそうです。
イザの記事では、男子サッカー予選でも最大級のブーイングと報じられてます。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/169565/
など。
あと、クレー射撃でも日本人選手の娘さんが、寄せ書き入りの日の丸の持ち込みを、大会役員だかに強行に拒否されたニュースもあります。
http://www.sponichi.co.jp/olympic/flash/KFullFlash20080811111.html

なので、
>北京五輪では全体を通じて従来のような反日ブーイングや暴力行為がなかったのが特徴だといえる。<
と言うのは、まだ本当の所は分からないなぁというのが正直な感想です。
暴行されたとかの報が無いのが救いですが。
まぁ、どちらにしても無理して押さえつけていた感はします。<


それに対する古森氏の返答は、

古: >日本人の選手や観客に中国側からの嫌がらせその他があったのかどうか、私も同僚の記者や在住日本人の知人など多数に聞いて、いろいろ確かめました。小さなケース、微妙なケースはいろいろあったようですが、明確に暴行とかブーイングと呼べる事例はまずないようだ、という結論でした。

ただし日本選手に冷たいとか、日本側の相手チームにとくに熱心な声援を送るとか、間接の対日ブーイングはあれこれあったようです。<


でした。
つまり、ブーイングと呼べるものは無かったと言うことらしい。
それならイザなどの記事は一体なんだったのか?
単なるやっつけの思いこみ記事なのか?
そこで、

私: >>私も同僚の記者や在住日本人の知人など多数に聞いて、いろいろ確かめました。小さなケース、微妙なケースはいろいろあったようですが、明確に暴行とかブーイングと呼べる事例はまずないようだ、という結論でした。<

それが本当だとすると、これはどの様に解釈したらよいのでしょうか?
先のコメントでも書きましたが、これはイザのニュースにもなっていて「最大級のブーイング」「地鳴りのようなブーイング」と書かれていますが、これは誤報だったということですか?
それとも「暴行とかが無かったから大したことじゃない」ということでしょうか?
いつも思うのですが、マスコミは自分達では色々と情報を得て納得しているのでしょうが、受け取る私たちに対して続報での訂正なり補足が無い。
言いっぱなし、書きっぱなしが多すぎて、結局我々は不信の眼でニュースを見ざるを得ないと言う悪循環が起きています。
なので、結局先のコメントと同じ事を書きますが、
「まだ本当の所は分からないなぁというのが正直な感想です。」
となってしまうのですよ。

あれは誤報だったという理解でよいのでしょうか?<


と書いた。
まぁ、「誤報か?」と言う私も書き過ぎですが、かと言ってこれは見過ごして良いこととは思えないのですよね。
古森氏の返答は次の通り。

古: >さらなるご指摘をありがとうございます。

まあブーイングといっても正確な定義があるわけではなし、「地鳴りのような」の定義はさらに難しいし、私としては自分の取材に依拠するほかありません。
完全なミスが証されれば、訂正することはやぶさかではありませんが。<


なるほどねぇ、定義ですか。
あくまで記者の主観の違いだと。
そりゃ、同じ新聞社に居たって、記者それぞれの考えも主張もあるでしょう。
だから、同じ事でも記者により論調が違ってもそれは構わないと思う。

でもねぇ、何十年も昔のことではなく今現在の事が、或る記者は「「最大級のブーイング」「地鳴りのようなブーイング」と書き、別の記者は「ブーイングと呼べるものは無かった」と書く。
それなら、我々一般人は何を信用すればいいのでしょうか?

問題なのは、マスコミ報道における事実は「記者の主観次第」で如何様にでも変えられるって事でいいのか?ってこと。
有ったことでも記者の主観次第で無かったとなるならこれは問題ではないのか?
ってことなのですよ。
せめて事実として、有ったのか無かったのかをハッキリして欲しい。
イザニュース記事で指摘している、男子サッカーの会場ではブーイングはどの程度だったのか、せめてそれだけでも知りたいところなんですがね。
大多数の記者が「ブーイングと呼べるものは無かった」と思うなら、「例の記事は表現に誤りがありました」とか訂正してくれればいいのにねぇ。(マスコミは絶対そう言うことはしないけど)

まぁ、北京五輪と中共については今は未だ評価する時期ではないのでしょう。
段々と、隠されていた(退去処分をおそれて書いていなかった?)ニュースも段々と漏れてくるでしょうから。
結論として、
まだ本当の所は分からないなぁというのが正直な感想です。

|

« 日本のスポーツ団体に構造的欠陥 | トップページ | それは一寸、あまりに論理の飛躍ってものだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604633

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ雑感・覚え書き:

« 日本のスポーツ団体に構造的欠陥 | トップページ | それは一寸、あまりに論理の飛躍ってものだ »