« 乗り合いバスってどんなもの? | トップページ | 自分の頭で考えて反省しろ! »

2008/07/09

差別と区別は違う

どうせ、ウケ狙いのコラムだろうから、あまり反応するのも憚られるが。
「紅葉マーク」とは別に「聴覚障害者マーク」の義務づけもされたのをご存知だろうか?
これは、「最近の機密性の高いくるまで、カーステレオを大ボリュームで聴いている若い人がいるのに、聴覚障害者だというだけで免許が取れないのは差別だ」という理由で、聴覚障害者も免許が取れるようにしたことの一つの条件。
確かに、クラクションで注意したのに反応しない車がいたら不審に思うだろうから、そう言う識別マークは必要かも知れない。
そのことの是非はともかく、これを差別とは言わないのではないだろうか?
物事には何らかの「区別」が必要だ。
後期高齢者保険制度にしたところで、「差別」と騒ぐほどのものだろうか?
年齢で一律に区分されるのが差別なら、成人年齢も差別だろうか?

多分、そんなこと最初から分かっていて文句を言ってるのだろう。

|

« 乗り合いバスってどんなもの? | トップページ | 自分の頭で考えて反省しろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604584

この記事へのトラックバック一覧です: 差別と区別は違う:

« 乗り合いバスってどんなもの? | トップページ | 自分の頭で考えて反省しろ! »