« ここで「儀」と付けるか? | トップページ | 意外と効果的かも »

2008/06/20

稚拙なドラマ(最終回を見る限り・・・)

この記事に釣られて見てみましたよ、TVドラマ「ラストフレンズ」最終回。

ハッキリ言って、最終回だけを見た限りでは凡庸な作品で、特に演出が稚拙だなと思った。
例えば、バイク事故に繋がるシーンで、何故何度もダンプとバイクのタイヤを交互に写すかね?
ダンプの映像は一回だけで十分すぎるくらいその後の展開が分かる。
明らかに説明過剰。
そして事故のシーンだって変。
あれでかすり傷?
また、出産シーンだって「出血がとまらない!」とかって思わせぶりなシーンを出しておいて、はい母子ともに元気でした、ってのは「ドッキリ企画」ですか?と言いたくなるほど。
出演者の台詞もなにか固い感じがして、唯一瑛太の演技だけがマシだったかも。
倍賞美津子は一寸だけしか出ていなかったけど、存在だけで背負ってるものが見えるようでさすが。
その他は、・・・・。

これで感動の最終回と言われても、ちっとも胸に迫るものが無い。
きっとずっと見ていれば何かしら意味のある最終回なんだろうけどねぇ・・・。


文章にしてもそうだけど、もっと過剰な説明や不要なカットを切りつめる演出をした方がよいのではないかなぁ、とおじさんは思いましたよ。

|

« ここで「儀」と付けるか? | トップページ | 意外と効果的かも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604562

この記事へのトラックバック一覧です: 稚拙なドラマ(最終回を見る限り・・・):

« ここで「儀」と付けるか? | トップページ | 意外と効果的かも »