« 問題は分けて考えないといけないのでは? | トップページ | 翻訳とせず、創訳とかにすればよかったのにね »

2008/06/08

どこからどこまでが事実でどこからどこまでが憶測なのか?

こういう不祥事ネタだと、何でもかんでも書いたもの勝ちのところがある。
ある人は言った、って言うけど、面白おかしく脚色して発言してるかも知れないし、どの程度本当なのか裏付けはとれてるのだろうか?
こういうニュースは客観的事実と、記者の憶測とか意見は分けて読まないといけない。
「情報を流して得する人は誰か?」
「情報のソースは確認できるか?」
「片寄った意見はなんらかの裏があるのでは?」
に注意して読まないと騙されますよ。
で、この記事だけどほとんどが憶測だろ?「~らしい」とか、「~と言う人もいる」とか。
週刊誌記事かい、ってレベルですな。

|

« 問題は分けて考えないといけないのでは? | トップページ | 翻訳とせず、創訳とかにすればよかったのにね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604546

この記事へのトラックバック一覧です: どこからどこまでが事実でどこからどこまでが憶測なのか?:

« 問題は分けて考えないといけないのでは? | トップページ | 翻訳とせず、創訳とかにすればよかったのにね »