« 静かなる自殺 | トップページ | うそつきじいさん、賞だけは欲しいか? »

2007/11/05

この判定には騒がないのかな?

多分、これが亀田家の世界戦だったら「なんだこの判定は!?」と大騒ぎになったんじゃないの?

私、デンカオセーンを応援していました。
なので、かなり贔屓目に見ていたんだけど、パンチが単発だしアグレッシブさも劣っていたし、試合の支配は坂田有利だったと思えたけどねぇ。
それはデンカオセーンも同じだったと思うし、だから試合後はうなだれていたように思えた。
私などは「ちぇ、坂田の勝ちか。つまんないの。」と毒づいていたくらいだよ。
繰り返すけど私は挑戦者を応援していたんだ。それでも明確に負けと思ったくらい。
しかも、決定的なのは11ラウンド(?)だったかのホールディングによる減点。
つまり、その減点が無ければデンカオセーンは2-1での勝利だった可能性があるんだよ。
それは一体、どういう判定基準で勝ちになるの?と思ったけどな。
最近のプロボクシングの採点は単発のパンチよりも手数を優先し、試合のマネージメントを誰がとっていたかで決まる傾向が強い、と思っている。
例えば、畠山が負けた試合などは典型的にそう。
有効打は確実に畠山がとっていたと思ったけど、ポンポンと軽く当てる相手のパンチがポイントを稼いだ試合。

まぁ、引き分けだからタイトルには影響無しで良しだけど、この判定は一寸変な感じだね。
試合途中で採点を公表することには私は賛成しないけど、こういう不可解な判定があると、やはりボクシングは倒してなんぼの世界かなと思う。

|

« 静かなる自殺 | トップページ | うそつきじいさん、賞だけは欲しいか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604404

この記事へのトラックバック一覧です: この判定には騒がないのかな?:

« 静かなる自殺 | トップページ | うそつきじいさん、賞だけは欲しいか? »