« 極めて悪質な見出しと調査だ | トップページ | ロジャー・ムーアも太ったし、老けたねぇ »

2007/10/13

イザにやっとつながった。さて、大毅vs内藤戦だが

非常に残念な試合でしたね。
以前、
「凡戦になりそうな予感」

「弟大毅は雑だし攻めが単調、上手い選手相手だとパンチを当てられないのではないか?」

などと書いてきましたが、大体予想通りの展開でしたね。
最後の12Rの反則を除けば、ですが(苦笑)

しかし、しかしですよ。チャンピオンの内藤も決して誉められた試合運びではなかったと思うよ。
よくあれで、ポンサクレックに勝てたなぁ、とこっちの方が不思議に思えるような内容。
本当は、試合前に書きたかったのだけどイザにつながらず、その時書けなかった事を今書くと、「大毅がガードを固めて押し込めば、内藤は足を使えず打ち合いになり、その場合は大毅にも勝機が?」と予想していた。
試合はその通り、前半は内藤を追い込むところまでは「お?意外とやるのかな?」と思ったのだけど、その後のパンチが出ないのはやはり大毅が下手なんだろうね。
もし、上手いボクサーが相手だったら内藤はかなり危なかったと思うよ。
それに内藤は、終盤では明らかにクリンチを多用していたし、パンチをもらうと直ぐに相手に突進してクリンチしてたでしょ?
ああいう試合をしていたら、次戦は苦しいのじゃないだろうか?と思う。
少なくとも客を呼べるボクサーではないな、と思う。
実力云々は別にして、少なくとも内藤には派手さが無いのだから、ゴールデンの時間帯では放送してもらえないだろうし、そうなればファイトマネーも大したことにならない。
すると、内藤側としては是が非でも「亀田家との因縁」はこれからもずっと引っ張りたいおいしいネタのはず。

その様に見ている私なので、内藤と兄興毅の試合きっとあると思うし、是非見てみたいと思うね。
興毅は追い込んでからのパンチが上手いので、この様な凡戦にはならないと思う。
それに最近は足を使うようになったので、簡単には内藤を逃がさないと思う。
ただ、実際に噛み合うかどうかは分からないけどね。

この記事でも書かれている通り、亀田家は「ヒール」としてボクシング界には無くてはならない存在。
なんだか、ライセンス停止とか変な動きがあるみたいだけど、まだまだ、そう簡単には消えて欲しくないと思うね。
私?私はそういうヒールの存在が大好き(笑)


追記:
一応、私の亀田家に対するスタンス。
亀田オヤジ:どうしようもない親ばかだけど憎めない。

亀田興毅:昔は話題先行だったけど、最近は力を付けていると思う。意外と心優しいところ(母親に対する思いとか)があって、個人的には好きだな。
でも、そろそろファミリーから離れた方が良いかも。難しいかな。

亀田大毅:上と下に挟まれて、虚勢を張っているタイプ。あまり好きではない。でも、可哀想と言えば可哀想。ヤクザに身を崩しそうで心配。

亀田和毅:強いらしいけど、見たこと無いのでノーコメント。もし、本当に兄興毅より上手くて強いなら、どんだけ~!?と言う感じだけど、未知数。

亀田ファミリー:憎まれ芸人として是非生き残って欲しいな。世の中にはこういう真っ当な生き方の出来ない人間がいるんだという、反面教師として必要。
でも、その生き方は極道みたいで私には無いものを感じる。良い悪いは別として。

実際、近所にいたら勘弁してよという家族だろうけど、これ以上にもっとおかしな人達は普通にいるし、現実私の周りにもいる。
そういうのは絶対にいなくならないだろう。
亀田ファミリーを叩いたところで、世の中は良くならない。
私にとって「亀田ファミリー」は檻の中の猛獣みたいなものなので実害は無いし、本当に嫌いなら見なければよいのだ。
でも視聴率がこれだけ高い所をみると、昔のシャープ兄弟みたいなものかな?

|

« 極めて悪質な見出しと調査だ | トップページ | ロジャー・ムーアも太ったし、老けたねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604380

この記事へのトラックバック一覧です: イザにやっとつながった。さて、大毅vs内藤戦だが:

« 極めて悪質な見出しと調査だ | トップページ | ロジャー・ムーアも太ったし、老けたねぇ »