« 「眼を狙え」のどこが悪い? | トップページ | 私もこの本を読んだけど良い本だったよ »

2007/10/19

「男の嫉妬」こそが亀田叩きの本当の理由

亀田問題(?)でなにやら賑やかだけど、私から見たらバカらしくて付き合っていられない。
ボクシングの試合もろくに見ないくせに、こと亀田のことになると、「ボクシングを冒涜された」とか言うけど、そんなにボクシングを愛してたのかい?
また、ある人は「亀田の様な振る舞いを許さない事が、健全な青少年の育成にとって必要」なんだと。
うそつけ!だよね。
彼らは、単純に憂さ晴らしをしてるだけ。そんな高邁の理由なんか有りはしない。
謝罪すれば「誠意が足りない。」一人で内藤選手宅を訪れて謝罪すれば「こそこそとしてる。」「謝罪する姿を見られたくないだけ」とかもう、ヤクザだってそこまでしつこく因縁をつけるか?というくらい。

ま、そういう人達には言うだけ無駄なのでこの辺にして、面白い意見を発見(?)したので紹介。
山田武志さんの「手紙」を見ると、
>『この世界は男らしい人間の集まりだと思うでしょ?でもね、実際は女々しいを通り越して、男が男に嫉妬をするような世界なんだ。』 <
そうです。
なるほど、言われてみれば納得するような。
一連の亀田叩きも、亀田家の一途さ、ひたむきさがまぶしくて仕方なかったのだ。本当はその辺のクソガキで、負け組代表でしかなかった彼らが脚光を浴びていたのが許せなかった、なんとかして引きずり下ろしたかった、と言うのが本音だろ?
そして、いまこそ思いっきり叩ける、そうやってカタルシスを感じているのでは?

また、

>だがボクシングはテレビ局の違いを理由に、ファンの期待するカードを組めない傾向にある。 
対戦を申し込んで、この理由で断られた時に、本当にビックリした。 
日本ボクシングは、他の格闘技と違い団体分裂してはいない。 
しかしテレビ局が違うという理由で、試合が組みにくくなるなら、分裂している事と変わらないのでは。 
一つのジムからずっと出れない。 
出稽古など他のジムとの交流も少ない。 
テレビ局が違うと試合が出来ない。 
これを鎖国と言わずとしてなんというのだ。<


に至っては、薄々分かっていたこととは言え、あらためてその閉鎖性に驚くよね。
こんな事で、日本のボクシングが人気を回復したり、まして世界チャンピオンを出し続けるなんて夢のまた夢なんではないか?

とここまで書いたら分かった。
何のことはない、日本のボクシング界は今の日本社会の縮図でしかないんだよね。
特に「ネット右翼」と言われる人達は、「俺様主義」とでも言うべき人が多く、『この世界は男らしい人間の集まりだと思うでしょ?でもね、実際は女々しいを通り越して、男が男に嫉妬をするような世界なんだ。』と言われたら反論できないんじゃないかな?
そうか・・・、やっぱりそうか。がっかりだよ。

|

« 「眼を狙え」のどこが悪い? | トップページ | 私もこの本を読んだけど良い本だったよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604386

この記事へのトラックバック一覧です: 「男の嫉妬」こそが亀田叩きの本当の理由:

« 「眼を狙え」のどこが悪い? | トップページ | 私もこの本を読んだけど良い本だったよ »