« 今になっても国民を見ない・見えない自民党 | トップページ | 単なる無知か、事実誤認があるのでは? »

2007/09/16

極めて真っ当な記事

記事の内容は至極もっともで、本来この様な評価記事が辞任後にどこか一社でも有れば良かったけど、アメリカからだけ流れて来るというのがなんともはや、というところ。
安倍さんは良くやったと思うよ。
もちろん、過去のエントリーを見てもらえばわかると思うけど、彼が総理在任中はかなり批判めいたエントリーも書いたので、決して私は阿部信者でない。(悪いところには目を瞑り、それ以上に期待はしていたけど)
しかし、辞めた人をこれ以上叩いて一体何が得られるのか?と思う。
そりゃ、唐突な辞任は責められても仕方がないけれど、重大な局面で、心身共に疲れ切った人に間違った判断をされる方がよっぽど悲劇。
本人がもう駄目と思ったなら、本当にもう駄目だったのだろう。
まして「お坊ちゃん」だから「2世」だからと言うのは、日頃「鬱病は精神の強弱ではなく風邪の様に誰でもかかる病気だ」と言って、「鬱病に正しい理解を」と言ってるマスコミとは思えませんね。
それとも何か?安倍さんが自殺とかして、突然の空白になったりしたら、その時は認める訳か?
大体、あの故松岡大臣でさえ自殺したじゃないか。あれだけの強面で剛毅と思われてた人でさえ。
繰り返すけど、彼が精神的に弱いからこうなったとするのは一面的すぎると思うね。

とにかく、安倍さんという政治家を二度と立ち直れないように叩けという指示がどこかから来てるのか?と思うほど、辞めた人間をここまで誹謗するマスコミが情けない。
せめて、やったことの正しさくらいちゃんと記事にしろ、バカマスゴミ!
少なくとも功罪を冷静に評価して書いても罰は当たるまい。


追記:昨日10万アクセスを達成しました。私のつまらない発言を読んで下さっている皆様、ありがとうございます。
今後も思うことをぶれずに(?)書いていきたいと思います。
日本が少しでも良くなりますように。

|

« 今になっても国民を見ない・見えない自民党 | トップページ | 単なる無知か、事実誤認があるのでは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604355

この記事へのトラックバック一覧です: 極めて真っ当な記事:

« 今になっても国民を見ない・見えない自民党 | トップページ | 単なる無知か、事実誤認があるのでは? »