« 本当に英語を必要とする日本人はどれくらい? | トップページ | 山口小夜子さん死去 »

2007/08/20

死人がでるまで続けるがいい

70kmも走り続けるなんて大したもんだ。しかも66歳ですか?想像できませんね。
自転車でもその倍の140kmを走るのは大変。今の私が1日ヨレヨレでもいいから走り続けて下さいと言われたら、もう少しいけるかもしれないけど220km(もちろん自転車)が限界かも。

でもねぇ、「昨年10月から10カ月間に及ぶトレーニングを積み、総距離422キロを走り込んだ。1日30キロ程度走ったことも。」と言うトレーニングはどうなの?
つまり一ヶ月で42km一寸しか走っていないってことでしょ?
ちゃんとしたトレーナーに付けば無理なく長距離を走れるモノだ、と言われても一寸練習不足ではないでしょうか?
卑近な例では、私も自転車で毎日20km~30km走っていますから単純に言っても、月間700km~800km以上走っている。休日には100km以上走ることもある。でもやっぱり長距離を長時間走る自信はまだ無い。
また、若い頃には毎日約4km、月平均100~120kmくらいランニングをしていたけど、「これならマラソンを走れる」なんて絶対に思わなかったよ。
なので、その程度のトレーニングでこんな無謀なことに挑戦させるのはあまりに危険だと思うな。
でも、マスゴミは死人が出るまで「感動をありがとう!もっと感動を下さい!」と絶叫し続けるに違いない。
絵が痛々しければ、走りが悲惨であれば、マスゴミは大喜び。
死人がでるまで、視聴率が稼げる絵、キャラクターを探してきては挑戦させるのだろう。
怖いねぇ。

|

« 本当に英語を必要とする日本人はどれくらい? | トップページ | 山口小夜子さん死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604327

この記事へのトラックバック一覧です: 死人がでるまで続けるがいい:

« 本当に英語を必要とする日本人はどれくらい? | トップページ | 山口小夜子さん死去 »