« なんか時系列が違うのでは? | トップページ | 著作権 »

2006/10/07

こう言うのを提灯記事というのでは?

私は、あまり個人を名指しで攻撃することは無いのと思うのですが、この作家だけは許せないと思うので、一寸過激な文章になります。ご容赦。

>今後、ますます盛り上がる「あじさい日記」から、目が離せない。

本当ですか?産経新聞さん。ウソついちゃ駄目だよ。私の周りで「あじさい日記」なんて話題にすらならない。
大体、もしそんなに盛り上がって人気なら、なんでテレビやニュースで話題にならないの?
多分、あまりに不人気なので、こうういう記事を書いたんだろうけど、「愛の失楽園」でアンチ渡辺淳一は増えてもファンは増えてないと思うし、彼の作品のワンパターンで下卑た文章も嫌われてると思うが、どうだろう?
そもそも「愛の流刑地」って単行本化されたけど、どれだけ売れたの?

いい加減、ああ言った内容はポルノ小説以下(あんなものでは欲情しない)のくせに純文学(一体どこに文学を感じればよいのか?)を気取っている作家は引退してもらいたいものだ。
描かれている男性心理はあまりに身勝手で、女性の側の心理は、彼の理想なのかどうかは分からないが、主人公に対して従順でかつ保護者的な包容力を勝手に期待して、おおよそ普通の現代の女性とは思えない。
彼は男女の真剣な(?)愛は必ずSEXに行き着くものであって、SEXの無い愛はおままごとだとまで言うが、それはあまりに一面的すぎると思うね。それに、彼の作品で描かれている男女の愛って、単なる肉欲でしょ?それ以上でもそれ以下でもない。いい加減、自己陶酔は見にくいと思う。
一言で言えば、老醜。それ以外に形容する言葉無し。
そして、そういう下らない小説を、家庭に配達されて子供も見るような朝刊紙に連載させる新聞社にも猛省を求めたい。
売国新聞の日経はどうしようもないけど、産経までがあんな作家の小説を載せるようでは世も末だと思える。

ちなみに、「あじさい日記」なるものは一切読んでいませんので、その連載内容に関しては私は批評は出来ませんし、上記のコメントもそれに対してはしているつもりもありません。

|

« なんか時系列が違うのでは? | トップページ | 著作権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604134

この記事へのトラックバック一覧です: こう言うのを提灯記事というのでは?:

« なんか時系列が違うのでは? | トップページ | 著作権 »