« 段々と、時代の証人が消えていく | トップページ | 大阪って日本じゃないと考えれば納得 »

2006/10/23

売れ線狙い以降は嫌いだった

米米クラブは、初期の「I・CAN・BE」、「Shake Hip!」の様な曲が好きだった。
こいつら凄いね、と思ったもの。勢いがあったし、とにかくノリが良かった。
でも、「浪漫飛行」以降の売れ線狙いからは完全に嫌いなグループになった。
同じ事はエブリ・リトル・シングにも言えるな。初期の勢いのあるELTは本当に好きだったけど、今は変に可愛い歌を歌いすぎ。歌い方も一寸、パワー不足だし。
最近、凄いなぁと思うグループがいないな。あ、そうかポルノグラフィティの二人はいいね。声に勢いとパワーを感じる。これからも今のままでいて欲しいなぁ、とおじさんは思う。

とにかくだれ~っとした、ヒップホップだかラップだかしらないけど、若さの力を感じないのが多すぎる。
おじさんを熱くしてくれる様な歌を聴かせてよ!と言いたい。

|

« 段々と、時代の証人が消えていく | トップページ | 大阪って日本じゃないと考えれば納得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604158

この記事へのトラックバック一覧です: 売れ線狙い以降は嫌いだった:

« 段々と、時代の証人が消えていく | トップページ | 大阪って日本じゃないと考えれば納得 »