« イスラエルこそ諸悪の根元なんじゃ? | トップページ | 高校野球は本当に高校生のためのものか? »

2006/08/21

確かにパンチ力は凄いね

VTRで見てみた。

課題だと思っていたディフェンスは以前より上手くなってるね。

コンビネーションパンチは評価しようにも試合が短すぎて、この一戦からだけではなんとも言えないかな。

相手選手は、(ネットでは素人同然などと言われているようだが)体型などをみると結構パンチ力もありそうだし、やるかなと思ったのけど見かけ倒し。最初から腰が引けていた感じ。ちょっと相手としては不足かなという感じ。

この試合だけではまだ本当の実力は評価不能かな。  

もう少し強い、と言うより足が使える上手い選手とやったときどういう対応が出来るかが今後の楽しみ。

 

確かに歌のパフォーマンスは要らないと思うけど、言葉遣いとかの好き嫌いは抜きにして、一人のボクサーとして評価して良いのではと思う。

 

 

追記:私はなるべくボクシング放送は欠かさず見るようにしてます(主に世界戦ですが、たまに深夜枠も見ます)、その中でも「このボクサーは別格!」と私が思ったのはリカルド・ロペスですね。

「ミスター・パーフェクト」というのは彼の事ではないでしょうか。

鮮烈だったのが台湾人の挑戦者(ロッキー・リーだったけ?名前が間違えてるかも)を退けた試合。

挑戦者のパンチが一発もあたらないのですよ。ディフェンスとはこんなに簡単に出来るものか、と驚くと共にパンチの的確さ鋭さ、どれもが度肝を抜かれました。 

確か、その当時彼の顔にはほとんど傷が無かったはず。 それくらい完璧なディフェンスをしていました。

そんな彼と較べると、日本人ボクサーは全てディフェンスが下手くそ。「肉を切らせて、骨を断つ」のが好きな国民性とは言え、あまりに簡単にパンチをもらいすぎなんじゃないかな?

その辺、日本人トレーナー達もボクシングに対する誤解があるのかも、と思う。 

 

ちなみに、リカルド・ロペスはアマ、プロ通して生涯無敗でした。正しく別格のチャンピオンです。 

|

« イスラエルこそ諸悪の根元なんじゃ? | トップページ | 高校野球は本当に高校生のためのものか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94228/58604066

この記事へのトラックバック一覧です: 確かにパンチ力は凄いね:

« イスラエルこそ諸悪の根元なんじゃ? | トップページ | 高校野球は本当に高校生のためのものか? »